ボランティア協会の主な事業

次代を担う青少年育成事業

サマーショートボランティア活動計画 

 夏休みを利用したボランティア活動体験プログラムとして県内272ヵ所の社会福祉施設や社会教育施設での活動を通して、福祉・ボランティアに対する理解を深めるとともに、自分の進路を考え、社会に目を向ける機会とすることを目的に実施。LinkIconSSV
 

海外でのボランティア活動に学ぶ高校生スタデイツアーINアジア 

 広く海外に目を向け、実際に現地を訪れ、文化・生活様式の異なるタイの農村やバンコクで、同世代の青年たちが交流し、その国や人々の抱える様々な問題を自分達を含めて地球人のすべての問題として捉え、「ボランティア」「国際交流」「国際協力」のあり方を学ぶ機会とする。LinkIconST
 

東海地震等に備えた災害ボランティアネットワーク事業

静岡県内外の災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練 

 平常時から静岡県内外の災害ボランティアと関係者が信頼関係の構築と情報交換を行い、大規模災害時におけるボランティア活動の様々な課題とその解決策となる「支援」を考える中で、地域への理解を深め、県内のみならず県域を越えたネットワークづくりを目指しいざというときに備えることを目的に事業を実施。LinkIcon図上訓練

研修・養成事業

静岡県ボランティア研究集会

 静岡県でボランティア・市民活動に関心を持つ人たちや実際のボランティア活動に参加している人たちが一同に会し、情報交換や話し合いを通してお互いの活動に関する学習を深めるとともに、ボランティア同士のネットワークづくりを推進することを目的に開催
LinkIcon研究集会
 

ケアする人のケアの充実

一人じゃないよ「ケアする人のケア」を学ぶ会

 少子高齢化と急激な社会変革は、日常生活に深刻な影を落とし始めている。医療や福祉制度の改革も家族に大きな負担となり、ケアする人の負担は限界に近づき、苦悩を抱え、孤立している人も少なくない。
 そこで、高齢の人や障がいのある人、病気の人の世話を担っている人、子育てや人間関係で悩みを抱えている人等、ケアを必要としている人が確実に増えている今日、ケアする人へのケアを社会全体のテーマとして考え、支えあえる社会を創っていくためのアイデアや実践を学ぶ機会・場とすることを目的に開催 LinkIconケアケア