静岡県ボランティア協会では、
『ふじのくに愛輪2号』の運行管理を行っています。

 このバスは、移動困難な障害を持つ方々の団体や施設、グループなどの 活動を支援する目的で運行しています。
車椅子のグループで旅行をしたい、作業所のメンバーで研修会をしたい、 養護学校の宿泊訓練を行いたい、など、様々な場面でご利用いただけます。
宿泊を伴う活動や、県外への活動も可能です。
運転は、本協会の講習会を受けて登録している運転ボランティアの方々のご協力により行われています。
 

利用できる団体

 バスの運行目的に沿った、静岡県ボランティア協会の特別会員で利用団体登録をした団体に限ります。リフトバスの運行で何より優先されるのは『安全の確保』です。登録にあたっては、利用団体にも安全で快適な運行へのご理解とご協力をいただくため、オリエンテーションを受けていただきます。
 

「運転ボランティア」とは?

バスの運転は、本協会が実施した講習を経て、 登録をした運転ボランティアにお願いしています。
安全運行に万全を期すため、1回の運行に2名の運転ボランティアが同行、運転します。

目的地までのルートは、運転ボランティアさんが決めてくれるのですか?

ルートや日程は、利用団体で決めてください。

 ①利用団体登録

オリエンテーション
バスの運行目的に沿った、移動困難な障害を持つ方々の団体や施設、 グループなどが活動する際にご利用いただけます。利用にあたっては、オリエンテーションを必ず受けていただきます。毎月「5」のつく数字の日(5日、15日、25日 ※休日の場合は翌営業日)に午前10時から行います。 (約1時間)。
ご参加される場合には、必ず事前にご連絡ください。 

②空き状況を確認

②仮申込み 
ご利用の申込みは、6ヶ月前から可能です。
申込みの締め切りは、ご利用日の前々月末日になります。
仮申込みは、オリエンテーションを済ませている団体に限ります。

③本申込み

 ③本申込み
仮申込みから1週間以内に正式な申込み手続き(所定の利用申込書の提出)をします。
1週間以内に手続きがない場合は、仮申し込みは取り消しとなります。

④運転ボランティア決定

④運転ボランティアの決定
毎月1日に、ボランティア協会から登録している運転ボランティアに翌月の運行予定のお知らせと運転協力を依頼します。
ボランティアからの申し出に基づき協会で調整の上、2名の方を決定します。
利用団体が運転ボランティアを 指名することはできません。

⑤当日ご利用

⑤当日のご利用
出発前に、運転ボランティアと当日の運行について再度確認をします。
ご利用後は車内を清掃し、燃料を満タンにして返却してください。