静岡県ボランティア協会では、
『ふじのくに愛輪2号』の運行管理を行っています。

 このバスは、移動困難な障害を持つ方々の団体や施設、グループなどの 活動を支援する目的で運行しています。
車椅子のグループで旅行をしたい、作業所のメンバーで研修会をしたい、 養護学校の宿泊訓練を行いたい、など、様々な場面でご利用いただけます。
宿泊を伴う活動や、県外への活動も可能です。
運転は、本協会の講習会を受けて登録している運転ボランティアの方々のご協力により行われています。
 

利用できる団体

 バスの運行目的に沿った、静岡県ボランティア協会の特別会員で利用団体登録をした団体に限ります。リフトバスの運行で何より優先されるのは『安全の確保』です。登録にあたっては、利用団体にも安全で快適な運行へのご理解とご協力をいただくため、オリエンテーションを受けていただきます。
 

「運転ボランティア」とは?

バスの運転は、本協会が実施した講習を経て、 登録をした運転ボランティアにお願いしています。
安全運行に万全を期すため、1回の運行に2名の運転ボランティアが同行、運転します。

目的地までのルートは、運転ボランティアさんが決めてくれるのですか?

ルートや日程は、利用団体で決めてください。