ボランティア相談支援 

日常的に寄せられる相談内容は多岐にわたる。個人の「ボランティアしたい」から福祉施設等の「ボランティアがほしい」、ボランティアグループの活動上の相談などもあるが、最近ではそれらよりも個人の生活に関する相談やどこにも行き場がなく本協会に問い合わせをしてきたケースも見られる。福祉制度の網にかからない社会的弱者への支援の必要性がみえてくる。ボランティア相談として相談を寄せられる方の中には別の思いを持たれている方もある。表面の言葉だけを受け止めるのではなく、言葉の奥に隠された思いを汲み取り、その思いに対応することがとても大事と感じている。そのためにはより専門的な知識を身につけることや、専門機関へつなげることも必要となっている。以下、寄せられた相談の中でケース記録化したものを報告する。
 
相談受付件数>   38件(記録化したもの)
相談内容
ボランティアをしたい       7
ボランティアがほしい       5
問合せ(~について教えて欲しい) 3
講師を紹介してほしい       3
東日本大震災被災地支援活動    2
活動上の問題・相談        1
事業・講座実施相談        1
その他              17