私を回復に導いたのは「薬」でなく「人」だった。
「人は、人を浴びて人になる」夏苅郁子(著)


お申し込みは、ボランティア協会まで